金沢文化服装学院での私の失敗

こんにちは
KCG(カナザワ コンサルティング グループ)の
石井です。

先週お伝えした
失敗話を書きたいと思います。

今年から金沢文化服装学院に頼まれて
販売士の資格の対策講座の講師をしております。

一年生の授業です。

先日講義をしていると
雰囲気がいつもと違うのを感じました。

内容をわかっている人と、わからない人に
大きな差があるのを感じました。

そうすると1人のリーダーシップのある生徒が
手を上げて質問をしてきました。

「そこの単語の意味がわからないので
説明してもらえませんか?」

私が
「どれですか?」
と聞き返すと

「売上、在庫、期首、期末、総利上げ、総利益、、、
そこの黒板の単語の意味が全部わからないのです。」

そのとき私は
「え!全部!??」

今思うと、その生徒は周りの雰囲気を感じ取って
授業についてこれていない生徒のために
代弁して質問をしてきたように思います。

何にせよ
「私は」常識だと思っていたことが
彼らにとって常識ではなかったのです。

私がいつもわかったような顔をして
社長や店主の方々に
「お客さんの立場になって考えなさい」
と伝えていることを全くできていなくて
自分のことを見つめ直すことができました。

お客様の立場に立って話しましょう
お客様が分かる言葉を使いましょう
お客様の常識と、私たちの常識は違います。

今一度自分の常識を見つめ直すきっかけに、

私の失敗が役に立てばと思います。

KCGはあなたと共に成長し
羽ばたいて行きたいと思います。

Let’s take off together!
石井 伸たろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回の講師は、税理士法人エモーション 税理士 金山一成さん。金山さんは、働きながらだと10年以上…
  2. 先日ご案内しました8/8の「社員幸福」セミナーにつきまして、事務局の都合により開催を延期すること…
  3. 今回の講師は、合同会社矢蔵谷セッションズ 代表 岡野利明さん。岡野さんは、長年出版社で勤務された…
PAGE TOP