フェイスブック1,000人プロフェクトの結果

2週にわたって

1週目,フェイスブック集客に参加し刺激を受けたこと

2週目,戦略を練りフェイスブックの友達申請を600人したこと

を話しました。

 

さて反応がどうだったと思いますか?

顔も知らない人間から、
いくら友人のつてだからといって
反応は冷たいそっけないだろうと
思っていました。

(でもしっかりリクエストには
メッセージを添えて出していますのですが。)

おおよそ全部で800人の方にリクエストしました。
反応はどうやったと思います?

 

20%の方は

無反応でした。
(多分すでにフェイスブックを
 していない方もおいでるようです)

時間が経った今になって友達の承認の
返事をしてくださる方がポツポツあります。

多分ログインしていなかったのでしょう。

 

あとの80%の方

は予想外に暖かい反応でした。

中には、

「承認したいのですが、
お会いしたことがないので、
承認できません、
ごめんなさい」
という方が10人ほどおいでました。

それはそれでよかったです、
これからお会いしたときに友人になれますから。

それ以外のかたはとても好意的に
友人承認をしていただきました。

中には、向こうから
「リクエストありがとう!」
とか
「これからよろしくお願いします」
とかの暖かい言葉もあります。

また承認していただいたあと、
僕はお礼のメッセージを必ず返信しました。

これにもみなさん100%のメッセージ返信をいただきました。

今回のこの予想外の結果を振り返ってみると次のように考えました。

● 親しい友人の友人を選ばせてもらったことで反応してもらえた。

● 必ずメッセージを添えたことで拒否されなかった。

● まだまだ日本人は、暖かい心がある。捨てたものではない。

 

以上無事今回の目標である1000人の友人ができて、
自分自身ではとうてい知りえない世界を
現在友人のみなさんの投稿で教えていただいております。

フェイスブックというバーチャルな世界ではありますが
今回の無謀な僕のリクエストに
こたえていただいた方々には感謝をしたいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回の講師は、税理士法人エモーション 税理士 金山一成さん。金山さんは、働きながらだと10年以上…
  2. 先日ご案内しました8/8の「社員幸福」セミナーにつきまして、事務局の都合により開催を延期すること…
  3. 今回の講師は、合同会社矢蔵谷セッションズ 代表 岡野利明さん。岡野さんは、長年出版社で勤務された…
PAGE TOP