令和 始動! みんなでサクセスしましょう!

こんにちは!KCGの石井です。


新しい元号 令和 が始動しました。

 

本当に国民みんながしあわせに暮らせる

時代になって欲しいですね。

 

さて 令和 の時代、

皆様の事業のあり方とは

どういう形になるでしょうか?

 

*** 海鮮丼1500円‼ ***

例えば ご自分のお店が

「海鮮丼」の専門店だとしましょう。

 

もちろんこれからは、

グーグルマップや食べログの検索で

ヒットする事は必須でしょう。

SNSの活用をする事は重要です。

 

このことは

大部分の経営者は理解されています。

 

しかし

 

バーチャルなネットの中だけでは

経営できません。

 

経営の母体は人間なのですから。

 

それではお店自身の

リアルなイメージはどうしますか?

 

私は

 

ネットとリアル店舗の

パラレル(並行する)の活動が無くして

事業の繁栄はないと信じています。

 

一例として

 

私の知り合いの海鮮丼専門店を

見てみましょう。

 

このお店にもSNSのお陰で

多くのお客様がいらっしゃいます。

 

このお店で提供する

1杯1500円のイクラ丼に

 

「やはりこのイクラ丼が好きだなー」

というお客様と

 

「たかがイクラ丼が

1500円もするのかよ」

というお客様がいるそうです。

 

売上では1杯1500円で同じなのに、

大きく違うことがあると思いませんか?

 

それは

お客様のこのお店に対する 印象 と

店主やスタッフが感じる 印象 の差です。

 

一方では

お互いに気持ちよく、

 

一方では

お互いに気分良くない。

 

それなら

同じお金を出してくれるなら、

お互いに気持ちが良くなるお客様にこそ

食べて欲しいですね。

 

この事ってとても大事なのです。

 

昔北陸でもマスコミ主導で

「ワンコインのお店シリーズ」として

 

500円で食べられる料理の

お店紹介が実施されていました。

 

ここで紹介されていたお店は、

当初はマスコミに紹介されると

一瞬喜んで、

 

自分の店も「いよいよ雑誌に載るぞ! 」

と内心チャンスだと思った店主も

多かったでしょう。

 

しかしながらそれ以降

そのお店で提供される料理そのものの

美味しさや

食べた感動というものは

全く伝わって来ず、

ワンコイン500円という安さだけが

最初にきました。

 

そして

現在では続けてワンコインを

売物にしているお店はないと思います。

 

ただ上記の海鮮丼の業界では、

ワンコインを売っているお店も

新業態で出てきてはいますが。

 

この時に

他にも美味しい自慢の料理が

あるにもかかわらず

 

ワンコインを前面に打ち出しした為に、

商品単価を落としてしまったお店も

多かった事でしょうね。

 

私が

上記で例えに出した海鮮丼のお店は、

ずっと客観的に観てますが、

 

自然と

お客様に選ばれている

 

単価の高い丼が売れている

 

お客様が満足している

 

このことが、よくわかるのです。

 

仮に、

このお店がワンコインの丼を

メインに打ち出したらどうでしょうか?

 

多分、

 

どんなにいい材料を使っていようが、

お客様はそこに

気持ちが及ぶ事はないでしょう。

 

ムダな安売りになってしまいます。

 

ですから私達、

小規模で単店のお店は

絶対に

安売りはしてはいけません。

 

新しい 令和 の時代になっても

SNSの活用もまだまだ進化するでしょう。

 

お客様を呼ぶためには、

とても重要なツールです。

 

でもそれに依存するだけでは

絶対に進化できません。

 

自分の店では、

 

自分のメンタルの大事なところを

毎日毎日磨いていくことが

間違いなく重要ですね。

 

そうすれば、 令和 の時代も

繁盛店になっていくしかありません。

 

みんなで頑張って行きましょう!

 

 

KCGはあなたと共に成長し

   羽ばたいて行きたいと思います。

 

   Let’s take off together!

 

石井伸たろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回の講師は、シナジーコンサルティング株式会社代表 河上 伸之輔さん。河上さんは、30歳で起業さ…
  2. 小さくても強い会社を作ろう、小さくてもカッコいい社長になろう!こんにちは!KCGカナザワ…
  3. 今月6月の定例セミナー講師は 羽咋ドローンズの中町利之 さんです。中町さんは家業の中町かわら瓦店…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。