次回セミナー講師杉原さんのこと・交流会で聞いてみてください

こんにちは!KCG代表の石井です。

24日のKCG定例セミナーは
いよいよ杉原さんの登場ですね。

今週も杉原さんとのお話しをします。

数年前の夏です。

私が仕事の途中で小松の木場潟のそばで
すっきりと姿を表したキレイな白山を見ていると、
私の携帯が鳴りました。

誰かと思って電話に出ると、
杉原さんからです。

「石井さん 杉原です。
今どこにおると思う?」
私はどこやろうと考えていると

「実は今槍が岳のてっぺんから電話しとるんやで。
感度いいかい?」

私はびっくりしましたが、
目の前の壮大な白山が槍が岳と重なり

「実はちょうど今白山を見ていたんだよ。
偶然やな。」

と白山の頂上に彼がいるような感覚で
電話をしていました。

加賀の名峰 白山を見ているときに
北アルプスの名峰の頂上から電話があるなんて、
あまりないことですよね。

そんなこんなで彼との付き合いでは
結構ワイルドなハプニングが多いです。

こんなこともあります。

杉原さんが
「明日、山に登ろう。
医王山なんかどうかな?行こうや。
明日朝6時にぼくの家に来て!」

と提案がありました。
そこで私は次の日の約束の時間に行きました、
もちろん医王山にいくつもりです。

すると杉原氏
「さあ行こう 立山へ!」
『えーっつ!立山?
医王山ではないの?』

今日の昼ごはんはカレーだと思っていたのが
ラーメンになったような感覚です。

結局二人で立山登頂へと出発、無事雄山へ到達。
さらには立山の本当のトップ
「大汝岳」まで制覇できて
素敵な黒四ダムまでスキット見れました。

つまり結果よし!

またこんなエピソードもあります。
上記の時とは別の日ですが、
私の元部下たち3人(うち女子一人)を連れて
立山へ登った時です。
杉原さんが指南役で付いてきてくれました。

一行全員が無事雄山へ到着。
雄山神社へ参拝。

大汝岳へ登頂して下山に入ります。

杉原さんは皆の先頭にたって
下山のリードをしてくれます。

岩場なので危険です。
彼は止まってはみんなの事を
気にかけてくれます。

その途中でした。

岩場の下で難儀していた女子の上のほうから
手の平サイズの岩が転がり落ちてきました。

「あぶない!このままでは顔にあたる!」

と思った瞬間です。

さっと杉原さんの手が伸びて
その岩をガッとつかんで方向を
変えて落としてくれました。

おかげで部下の女子は怪我がなく
無事安全に室堂まで降りてこれました。

しかし杉原さんの手からは
血がにじんでいます。

大丈夫かな?

あとで彼のひとさし指が
骨折していたことを聞くことになります。

「ありがとう!部下が怪我をせずにすんだ」
と本当に感謝しました。

杉原さんの真の山男としての
尊大さを実感した時間です。

彼の人となりを示すエピソードでした。

さあ今月24日の定例セミナーでのお話し
楽しみですね。

それでは来週またお目にかかります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. こんにちは!KCGの石井です。 いよいよ寒くなって来ましたね。 冬将軍も今年は早いか…
  2. こんにちは!KCGの石井です。 先日、僕のところにこんなメールが 入って来ました。…
  3. こんにちは!KCGの石井です。いよいよ10月になりましたね。今年も早いもので…
PAGE TOP